モテモテ父さん 嫌われ父さん:モテる中年男性11の法則

50才を過ぎてもなぜかモテモテの方がいます。

いやむしろ、50才を過ぎてからの方が若い女性とご飯に行く機会が増えました、という方もいます。

中年男性というだけで、若い女性からは嫌われる対象と決めつけがちですが、実はモテている方がいるのが現実。

いったいそういったモテモテ父さんは、嫌われ父さんとどこが違うのでしょうか?

様々な角度や、若い女性たちの意見をまとめてみました。

聞いていくと、若い女性の中には50才以上の男性を恋してしまうこともあるんですよ。

身だしなみ
モテモテ父さん『気を使っている』
vs嫌われ父さん『無頓着』

中年男性というだけで汚いと思われてしまうこともあるほど。

ツライですよね。

モテる中年男性は必ず身だしなみには気を使い、清潔感を保っています。

ブランド品で身をまとうのは逆に嫌われる第一歩。

服装はシンプルで爽やかが一番です。

嫌われ父さんの服装はとにかく無頓着。

  • 汚れている。
  • 似合ってない若者の服を着る。
  • サイズがあってない。
  • 暗い色ばかり。

上記のことを気にしてやめるだけでも雰囲気は一変。

まずは服を買う時にサイズを気にしてみましょう。

香り
モテモテ父さん『ほのかな香水』
vs嫌われ父さん『加齢臭』

中年男性ならばさけられない加齢臭。

モテモテ父さんは気を使い、汗をかいたら汗拭きシートなどで拭き取ったり、マメに顔を洗ったり、香水をつけたりしています。

香水もキツいものではなく、ほんのり香る程度のものがいいですね。

睡眠不足やハンバーガーや牛丼などの牛肉類は加齢臭の元。

そもそも食べないか、食べても口臭予防のガムなどをかんだりしてケアしています。

嫌われ父さんはニオイに関しては無頓着。

自分が臭いかもとまずは気にしてみましょう。

体型
モテモテ父さん『緊張感がある』
vs嫌われ父さん『だらしなくメタボ』

体型はその人の生活が出るものです。

鍛え上げた筋肉隆々の体型が決して若い女性に評判がいいわけではありません。

その人の緊張感ある生活が見える体型が評価が高いですよ。

逆に日々の生活の不摂生がわかるような体型は嫌われます。

顔も同じ、緊張感がない顔はモテませんね。

毎日、緊張感持って生活していけば、自ずとモテモテ父さんの体型になれるはず。

それが出来ないという方はジムなどに通うのも手ですね。

言動
モテモテ父さん『余裕がある』
vs嫌われ父さん『落ち着きがない』

オトナの男性の魅力はなんといっても豊富な経験から来る余裕。

仕事でもプライベートでもトラブルがあってもドンと構えて、最適な対応方法を提案、トラブルを解決できるのが一番ですね。

頼りがいはモテモテ父さんの一番のポイントです。

逆に嫌われ父さんは何かあっても我知らず。

自分の責任逃ればかりを考えているような言動を知らない間にしています。

それはボクの責任じゃないから・・・なんて言い出したら、若い女性に軽蔑されるばかりです。

何もできなくても若い女性たちの風よけになるぐらいの気構えを見せてこそモテモテ父さんですね。

もちろんお金にも余裕がある方がいいに決まっています。

女性に対してのアタックも余裕を持って、ダメならダメでいいですよという余裕があった方がいいですよね。

落ち着きがないのはモテませんし、ガッツキ過ぎも嫌われ父さんのはじまりです。

話題
モテモテ父さん『豊富』
vs嫌われ父さん『自慢と愚痴ばかり』

モテモテ父さんの話題は豊富。

みんなの知らないことをいっぱい知っています。

周りはいつも誰かが話しを聞きに集まってきて賑やか、賑やか。

嫌われ父さんも話題は豊富・・・

と自分では思っているようですが、相手は(つかまっちゃった)という表情。

違いは何なのでしょうか。

モテモテ父さんの話は自分の失敗談を交えたり、冗談を随所に盛り込んだり、聞いている人に質問を交えたりして巧み。

聞き手の反応を見ながら話を進めたり、展開を変更したり、相手に質問したりしています。

その一方、嫌われ父さんは自慢や愚痴が多いですね。

更に相手の理解力や興味に関係なく自分が気持ちよく話しているだけ。

これでは相手はツライばかりですよね。

また若い女性もモテモテ父さんには自分のことを語りますが、嫌われ父さんにはとにかく関わりたくないという様子。

そんなに話題がないという方は相手の話を親身になって聞くだけでもいいですよ。

中年男性は話しすぎないのがモテるコツ。

相手の話題が8割、自分の話は2割でバランスはいいぐらいですよ。

お酒
モテモテ父さん『楽しい』
vs嫌われ父さん『陰気』

お酒の席でのモテモテ父さんはとにかくよく笑うし、周りの人たちもよく笑っていて楽しそう。

すすめらればカラオケで一曲披露。

えっ、意外、これ米津玄師じゃないですか・・・というのがモテモテ父さん。

お酒の席では陰気。

仕事の愚痴、もしくは自分のゾーンに持ってきての自慢話。

カラオケは率先して自分の時代の歌をうたい、知らない若者を小馬鹿にする。

これでは嫌われ父さんになってしまうのは致し方ないですよね。

相手
モテモテ父さん『十分理解』
vs嫌われ父さん『勝手に理解』

かつて勢力を大きくふるっていた新興宗教のトップはルックスはよくないのに信者の女性にモテモテでした。

信者の女性に言わせると私のことを一番理解してくれているのはそのトップだとのこと。

そう、モテるコツは相手の女性のことを理解すること。

いや、この人は私のことを理解してくれていると思わせることです。

関西のモテモテ芸人は女性とふたりになると必ず「あなたは強がっているけど実は寂しがり屋だよね」と口説いたそうです。

女性はこの人はなんでこんなに私のことがわかるのだろうと感激したそうですが、からくりを言えば、女性は全員、寂しがり屋だからあっているとのこと。

モテモテ父さんは相手に対してとても理解していることを示すのが上手な人とも言えるのです。

かたや嫌われ父さんは相手のことを理解しようとしないか、もしくは勝手に決めつけてくるだけ。

女はみんなこうだ!などと上から言うこともあったりして。

何度も同じことを質問するのも自分のことに興味がないんだなぁと嫌われてしまう原因になります。

他人
モテモテ父さん『長所を見つける』
vs嫌われ父さん『欠点を見つける』

そもそもモテモテ父さんは噂話はあまりしないのですが、その場にいない人のことが話題になった時は、あの人は本当に頭がいい人だよねとか、あの人は実にやさしい人だよねなどと褒め言葉が並びます。

その場にいる女性に対しても、その女性自身が気がついてなかったような長所を見つけ出してさりげなく褒めることができます。

容姿よりもむしろあまり言われたことがない気遣いや皆に好かれるポイントを言われるのはモテモテ父さんの大切な第一歩。

人は好意を持ってくれる人に好意を抱く生き物です。

一方、嫌われ父さんは他人のあら捜しばかり。

他人の噂話をしては悪口を言い、比較して自分を持ち上げようとして結局、自分の価値を下げるばかり。

他人を認めるチカラがモテモテ父さんの人間力です。

趣味
モテモテ父さん『あり』
vs嫌われ父さん『なし』

仕事以外に夢中になれる趣味がある中年男性は友人も多く、話題もあり、何よりイキイキしていて魅力的です。

その一方、仕事の帰りにお酒を飲むぐらいしかない中年男性は魅力なしです。

またモテモテ父さんは自分の夢中になっている趣味について、相手に興味を持ってもらえるように魅力をプレゼンテーションするチカラが長けています。

いくら趣味があると言っても、自分の興味を押しつけるようでは嫌われ父さんの仲間入り。

相手に自分の価値観を押し付け過ぎないのがポイントです。

思考
モテモテ父さん『ポジティブ』
vs嫌われ父さん『ネガティブ』

モテモテ父さんは生命力にあふれています。

話はいつも前向きなことばかり。

ちょっとした生活の中にも楽しいことを見つけますので、いつも笑いが耐えません。

一方、嫌われ父さんはネガティブな発言ばかり。

そんなことしても無駄だ。

どうせダメになるだけだ。

そんなのうまくいくわけがない。

などなどなど。

ご飯を食べにお店に入ると、あら探しばかりをしていて一緒にいて楽しいわけがありません。

人はいつもポジティブな言葉を求めています。

特に年上の男性には、自分が見てきた経験から、自信を持って、うまくいくはずと言ってもらいたいものです。

家族
モテモテ父さん『大切にしている』
vs嫌われ父さん『不満ばかり』

モテモテ父さんは奥様にも子供たちにも愛情をいっぱい注いでいます。

誕生日には早く帰ったり、プレゼントを用意していたりしているお父さんの方が実は外でもモテるんですよね。

若い女性も家族に愛情がある男性の方が好き。

よく中年男性が家族を大切にしているのを嫌がる若い女性がイヤがるシーンなどをドラマで見かけますが、それは不倫関係にある場合。

その関係になるまでは家族に愛がある男性の方が魅力的に見えるはずです。

嫌われ父さんは奥様、子供たちに対して愚痴ばかり。

女性は女性の味方。

特に奥様への悪口は仲間の悪口を言われている気がするようで、どれだけ本当に奥様がヒドイ人でも言っている男性の価値を下げるだけです。

まとめ

充実した日々を送り、仕事も趣味も充実。

話は豊富な経験から来る薀蓄のある内容。

他人の悪口を言うことはなく、さり気なく周りの良いところを見つけてくれる。

家族を愛し、仲間を愛する姿がモテモテ父さんの姿です。

すべてが理想ですが、できていないところをひとつでも直していけばモテモテ父さんに近づけるはずですよ。

最初のコメントをしよう

必須