加齢臭の原因となる食べ物なくす食べ物【解消!おやじ臭】

『加齢臭』は2000年以降に生まれた新しい用語です。

資生堂の研究員が、高齢者の体臭の原因を発見したのがきっかけで命名。

その後、ダウンタウンの松本人志さんがトーク中に「加齢臭」という言葉を何度か使ったことで広く、世間の人たちに知れ渡ったと言われています。

加齢臭が強くなる年齢

男性は40才以降、女性は閉経以降強くなってきます。

加齢臭と言うと男性特有のものと思われがちですが、女性にも存在。

ただし女性の場合は香水や化粧品のニオイがあって気がつきにくいということがあります。

加齢臭はどんなニオイ?

加齢臭のニオイは青臭さ脂臭。

ろうそくやチーズ、古本の臭いと例えられます。

文学的な考え方をすれば、人類として、異性をひきつけ、恋愛、性交、出産、子育てに適した年齢を過ぎると、神により不愉快な臭いを発生。

異性を近づけないようにしていると考える人もいます。

恋愛に発展しないまでも、家庭や職場において、加齢臭によって嫌われるのはツライもの。

原因となる食事、抑える食事を覚えて、加齢臭対策しましょう。

加齢臭の原因となる食べ物

肉を消化するにはカラダのエネルギーを多く使用。

エネルギーを多く使用するとカラダの体温はあがり、汗をかきます。

汗に含まれたタンパク質、脂質が原因となり、ニオイが発生します。

にんにく

にんにくの嫌われるニオイの物質はアリシン。

にんにくは口臭の原因としても知られていますが、加齢臭の原因にもなります。

にんにくにはアリシンというを食べると胃で消化。

ニオイの物質、アリシンは血液に溶け込み、皮膚から排出。

加齢臭の元となります。

チーズ、牛乳、マヨネーズ、バターなどの動物性脂肪

チーズや牛乳などの動物性脂肪は大腸でタンパク質が分解、ニオイ成分を発生させます。

腸内の悪玉菌などによって分解されることで、アンモニアが生成され、そのアンモニアがニオイの原因として加齢臭を発生させます。

唐辛子

唐辛子などの香辛料が大量に入った辛い食べ物は発汗作用があり、汗に混ざった雑菌が加齢臭の元となります。

唐揚げ 揚げ物

揚げ物に使われるサラダ油などにあるリノール酸は血液中のコレステロールや中性脂肪を増加。

過酸化脂質となり、不愉快なニオイの元となります。

ポテトチップなどのスナック菓子

揚げ物と同じ理由です。

過酸化脂質が加齢臭の原因。

ポテトチップなどの油は加齢臭を生み出しますね。

お酒

お酒は発汗作用がある上、アルコールが体内でアセトアルデヒドという成分をうみだし、加齢臭の原因となります。

 

にんにくたっぷりの焼き肉や、唐揚げでお酒を飲んで、しめにラーメンなんてことをしてしまった翌日の体臭はかなり気をつける必要があります。

 

加齢臭を抑える食べ物

加齢臭は過酸化が原因。

この活性酸素を抗酸化作用がある食べ物を食べることで抑えれば、加齢臭の予防になります。

野菜

ピーマンやパセリ、ゴーヤ、ブロッコリーなど緑黄色野菜。

加齢臭のためだけでなく、健康のためにもたくさん食べたい食べ物ですよね。

柑橘系の果物

レモンやみかんなどの果物。

酢の物

過酸化脂質を強く抑えることができるのが酢。

酢の物だけならず、酢をそのまま飲むのも加齢臭予防になります。

海藻類

海藻類をはじめごぼうなどの繊維質が多いものは老廃物を体外に排出する作用があります。

ヨーグルト

腸内の悪玉菌が加齢臭の原因。

ヨーグルトを食べれば、腸内に善玉菌を増やすことなり、加齢臭の予防になります。

まとめ

加齢臭は食事の取り方で改善されます。

加齢臭を防ぐ食事はそのままメタボリックシンドロームを防ぐ食事でもあります。

ダンディな日々を送るために日々の食事に少しだけでも気をつけてみましょう。

最初のコメントをしよう

必須