中古スマホ業者が潰れる?! メルカリがデータ完全消去・クリーニングサービス「あんしんスマホサポート」開始

スマホを主力商品にしているリサイクル業者は多いですね。

ブックオフがチカラを入れだしのは10年くらい前。

他にもゲオはスマホの売買の専門店をいくつも持つ。

個人でスマホの売買のみで商売をしている店鋪も多数。

そんなスマホリサイクルの業者を潰してしまほどのインパクトがありそうなのがメルカリの新サービスです。

メルカリのあんしんスマホサポートとは?

2018年9月11日開始。

・データ完全消去

・端末のクリーニング

・故障診断

以上の3つを1880円/1台を行えるということ。

出品者は「あんしんスマホサポート」を選択した場合は、らくらくメルカリ便を利用して、ヤマトロジスティックにスマホを発送。

所定の処理がされた後、購入者に再発送されたるという流れです。

出品者としては1880円の負担をすることだけで、他の流れは普通の落札と同じで、負担が増えることはありません。

 

個人がスマホを業者に売る理由

個人情報の不安が一番の理由。

新しいスマホを購入、まだまだ使える古いスマホが不要になっても、メルカリなどの個人間の売買では消したつもりの個人情報を見られるようなことがあるか不安。

特に直接会ったことがない人でも自分の名前、住所などを教えた相手というのはイヤなものです。

また快適に動いていたはずなのに、売却した相手に動作不良を言われても対処できないという不安もあることでしょう。

中古業者ならばその点は解消されますが、業者が間に入る分、当然、売値も安くなっています。

らくらくメルカリ便+あんしんスマホサポートで売り手の不安なし

メルカリの既存サービスと新しいサービスを組み合わせることで、スマホを売る人の悩みはすべて解消されます。

更に中古業者に抜かれていた手数料、利益も自分のものになるとしたらかなりお得。

若者を中心に中古スマホのメルカリでの売却は進みそうです。

アクティビティロック解除とパスコード解除は出品者自身で行う必要がありますが、さほど難しいことではありません。

ググって、画面を見ながら操作ができる人ならば誰でもできることでしょう。

メルカリと中古業者売却との価格差

問題は価格差です。

中古業者に売るのとメルカリで売るのと同じならば中古業者に売ってしまった方が楽でいいです。

メルカリに出品してもすぐに売れるわけではありませんが、中古業者ならばその場で現金を手にすることができます。

メルカリで過去に売れたスマホを検索、それを中古業者が提示している買取価格と比較してみました。

iPhone 8 Plus 64GB GOLD キャリア:au

メルカリ 88888円

ゲオモバイル 52800円

実質差額 約24700円

iPhone X spaceglay 256GM SIMフリー

メルカリ 90000円

ゲオモバイル 80000円

実質差額 約-1500円

メルカリの場合、手数料10%と先のあんしんスマホサポート、送料も出品者負担のことがほとんどなので約2500円を引いて計算してみました。

ゲオモバイルの買取価格は中古としての最高価格なので実際はもっと安い買取価格になるかもしれません。

これを見ていくと、それほど高くないものならば中古業者に売ってしまうのもありですね。

まとめ

メルカリが人気になって、買取が減ったというリサイクル業者の話をよく聞きます。

買取の依頼が減るという問題だけでなく、買取希望者がメルカリの価格と比較し、さほど差がなければ売る、差があるようならばメルカリなどで売るという選択肢をされるようになっているのも問題です。

そうなると利益率の低い、もしかしたら利益がほとんどないものしか売られなくなってしまいます。

そうなるとリサイクル業者としてはお手上げ。

潰れてしまう可能性も出てきてしまいますね。

メルカリなどのこういった個人ユーザーのかゆいところに手が届くサービスはますます発展していきそう。

私達、中古リサイクル業者としても新たなサービスや今までになかった分野の開拓が迫られていると言えそうです。

最初のコメントをしよう

必須