結婚しない結婚できないアラフォー男性10大理由と対策

結婚しない、結婚できずにアラフォーまで来てしまったという男性が増えています。

見た目も悪くない。

性格も悪くない。

という方も結構いて、不思議に思えることも。

もしかして、おかしな性癖があるのかなんて疑われることもあったりして。

しかし、そこには共通した理由がやっぱりあるんですよね。

とにかく出会いがない

恋愛、結婚の相手は身近な存在ということが圧倒的に多いですよね。

学生時代仲良かった友人たちも結婚してしまった。

職場も女性が少ない。

新卒でかわいい女の子が入ってきても一回りも年下で相手にされない。

出会いがなければ恋愛、結婚に発展しようがありません。

そんな環境を嘆いていても年齢を重ねるばかり。

趣味のサークル、集まりに出席したり、ボランティアなどに参加することで新たな出会いを求めていきましょう。

お金がない

ちゃんと仕事をしていないのは論外ですが、ちゃんと仕事をしているにも関わらずお金がなく結婚を逃しているという人がいます。

しかし、よくよく聞いてみるとお金がないのは収入が少ないわけではなく、支出が多いからが理由のことがほとんど。

車道楽で、大好きな車にお金を使いすぎている。

飲むのが好きで毎晩飲み歩き、タクシーで帰ることがよくある。

身の丈に合わない高級マンションに住んでいる。

アイドルにはまって貢ぎまくってる。

などなど。

見直しができることがほとんど。

ちゃんと真面目に働いているのに十分なお金がもらえてないとしたら、それはハッキリ言って転職を考えるべきですね。

我慢する必要はありません。

まずは今の生活を変えたいと思えるだけの女性を見つけることが一番の結婚への近道です。

居心地よすぎる実家暮らし

アラフォーになってもいまだに実家暮らし。

洗濯もご飯も掃除もお母さんがやってくれている。

会社に勤めだして20年近くになるのにいまだに小学校、中学校の時のような親に保護してもらう生活をしていて抜け出せないというアラフォー男性。

親がさびしがる。

親の面倒を見なければいけないというのが結婚に踏み切られない理由にしていたりします。

本当にそういった方もいるでしょうが、たいていは言い訳にしているだけ。

親だって近くにいてくれるのはありがたいですが、結婚して自立してくれる方がもっと嬉しいはず。

実家を出て、一人暮らしをはじめた途端に彼女ができて、結婚することになったという人もいます。

まずは実家を出るところからはじめてみましょう。

ひとりが好き

かわいくて性格がよい女性でも一緒にいれば何らかのストレスはありますし、気は使います。

普通はそんなストレスよりもかわいい女性にあう気持ちの方が強くなるものですが、最近はストレスの方が大きいという男性が結構いるんですよね。

自分を曲げてまで相手にあわせたくない。

それをするぐらいならば一人でいいそうです。

そこまで言われてしまうとお好きにどうぞとしか言いようがないのですが、女性と一緒じゃないと味わえない幸せがこの世にはいくらでもあります。

特に我が子の誕生、育児の喜びはひとりが幸せなんていうレベルのものではないことを知ってもらいたいですね。

女性を下に見すぎ

女性に不人気なアラフォー男性の特徴のひとつに横柄があります。

女性を下に見ているような発言が多く、一緒にいたらなぜか命令口調。

会ったばかりなのに呼び捨てにされたり、頼んでもないのにこうすべきだと意見をしてくる。

頼りになるとも言えなくはないですが、その前に一緒にいたくないと思われてしまいます。

まずはレディファーストの精神を心がけること。

相手の尊敬すべきポイントを見つけ出すことからはじめてみましょう。

自己評価が低い

上からではなく逆に卑屈過ぎるのもアラフォー男子の結婚できない特徴のひとつ。

何かについて自己評価が低く、卑屈。

どうせボクなんかという言葉ばかりでは一緒にいて楽しいわけがありません。

性格的に能力的に時に容姿が人より劣っていることがあっても卑屈は世界を狭くするだけ。

アラフォー男子ともなれば相手はそういった部分よりも真面目さ、誠実さを評価してくれるはず。

まずは丸まった背中を伸ばし、視線を少し上向きにしてみるだけで気持ちの持ちようも変わりますよ。

女性に理想を求めすぎている

女性に必要以上の理想を求めてしまい、折角知り合った女性もイヤな部分ばかりが目につき、恋愛、結婚に至らないということになっているアラフォー男子がいます。

性別が違うだけで女性も同じ人間。

あなたができないことを女性に求めてはいけません。

むしろダメな部分を補ったり、かわいいと思えるだけの包容力を持つことからはじめましょう。

思い出の女性を美化しすぎている

若い頃につきあっていた女性。

結婚を考えていたけれど何らか理由で別れてしまった女性。

男性というのは女々しくていつまでたっても別れた女性のことを思い続けているもの。

しかし、話を聞くと得てして美化しすぎです。

思い出を美化することは決して悪いことではありませんが、眼の前に現れた女性と比較して思い出の女性以下と評価してしまうことが問題です。

思い出は思い出。

今と比較することはできません。

ましてや自分自身も年を重ね、その頃とは違うのです。

比較するのはやめましょう。

他人のためにお金を使いたくない

自分が好きで自分のためにお金を使うのはいとわないのですが、結婚相手、家族に対してお金を使うのがイヤと考えている人が少なからずいます。

得てしてオタク趣味が強い人が多いですね。

なかなか説得するのは難しいですが、家族は自分の一部ですし、家族がもたらしてくれる喜びは二次元などではとても味わえない深いものだということを是非知って欲しいものです。

優柔不断で少しの勇気がない

とにかく傷つくのが嫌いで予防線をはってばかり。

自分で決断するということを極力避ける傾向がアラフォーで結婚してない男子には見られます。

デートした女性の不満はお店もデートコースもなにも決めてくれない。

後からセレクトした店の不満などを言われることを恐れているのでしょう。

そうなると自分から積極的に恋愛を発展させることもなければ、デートに誘うということもない。

結婚への決断も相手に押されればいいですか、そういう女性に出会わなければ意思はあっても発展することはない。

まずは断られても誘ってみる。

自分でお店のひとつも決めてみることからはじめてみましょう。

まとめ

結婚できないアラフォー男子の特徴の中には克服できないものも沢山あります。

しかし、今回紹介したよくある特徴、理由は克服が可能なものばかり。

ひとつずつ改善してみましょう。

最初のコメントをしよう

必須