ヤフオク!vsメルカリ 売れる商品の違い一覧~出品するならどっち?~

長年ヤフオク!の販売で商売をしてきましたが、最近、メルカリの台頭はさすがに見逃すことができなくなってきました。

買取業者の中にはメルカリの浸透で個人がメルカリで私物を売るようになり、買取の依頼が減っていると嘆く声も聞こえてきています。

そんなメルカリと1999年から開始され既に20年が経過しようとしているヤフオク!との違い。

特に出品者としてどういった商品はヤフオク!、メルカリのどちらの方が売れるかご紹介していきます。

ヤフオク!とメルカリの主な違い【おさらい】

まずはヤフオク!とメルカリの特徴と主な違いを確認してみましょう。

ヤフオク!

販売 オークション形式
固定費 498円(税込)/月
振込手数料 0円
利用者 基本世界

メルカリ

販売 出品者が決めた金額(フリマ制)
固定費 0円/月
振込手数料 210円
利用者 日本国内

一番の大きな違いは固定額かオークションか?ということになります。

オークションの魅力は自分が出品した商品に知識がなく、価値がわからずいくらで出していいかわからなくても、入札者が価格を決め、競り上がっていくことがあることです。

メルカリはフリマ形式なので出品した金額を間違え一桁少ない金額で出品してしまってもその金額で売れていってしまいます。

利用者の違い

2017年5月の調査によると利用者数はヤフオク!が1533万人に対して、メルカリは1376万人。

メルカリがヤフオク!の利用者数に肉薄しています。

参照 https://www.d2c-smile.com/201707259298

 

利用者のデータを見てると、メルカリは女性の利用者が多く、特に18才から30代の若い女性に支持されています。

ヤフオク!は逆に40才以上の男性の利用者が多くなっていますね。

メルカリのアプリがリリースされたのは2013年。

スマホで出品も購入も手軽にできる。

出品も購入もサクサクっとできる。

直接お金のやりとりをしなくてよい。

お互い個人情報を教え合わなくても売買可能。

など、先行のヤフオク!の不満を解消するようなサービス内容で利用者を爆発的に増やしています。

特に若い女性にとっては気軽に私物を出品したり、購入できるので人気ですね。

メルカリではなくヤフオク!に出品した方がいい商品

価値がわからない商品

オークファンを検索しても過去に売買された形跡がないもの。

最近の価値がわからないもの。

とにかく珍しいものはヤフオク!に出品すべきです。

オークション形式のため、探していた人たちが入札、思わぬ価格になることが期待できます。

海外で人気の商品

メルカリは基本日本国内での利用。

代行業者はいるようですが、まだ数が少なそうです。

ヤフオク!の場合、海外発送はなしにしていも、Buyeeをはじめ、代行業者が数多くあり、世界各地から注文を受けて購入をしてくれます。

海外で人気のもの、例えば海外で人気のアニメグッズ、海外で人気のアイドルグッズ、アーティストグッズ。

中国の古い文献などはヤフオク!に出品した方がいいです。

大量の出品商品

特に規約に明記されているわけではありませんが、メルカリは個人間の取引を基本としているため、業者の参入を嫌っているようです。

大量の出品をすると出品商品が検索に引っかからなくなったり、アカウントを利用停止となることがあるようなので注意です。

ヤフオク!はストア制度があるように業者の出品は大歓迎です。

大量の商品を売りたい場合、ビジネスの販路として利用したい方はヤフオク!ということになります。

高額商品

メルカリはスマホでフリマ感覚でちょっとしたものを購入する方が多く、10万円を超えるような商品は向いていません。

10万円を超えるような商品はヤフオク!に出品した方がいいですね。

ヤフオク!ではなくメルカリに出品した方がいい商品

衣類、靴、アクセサリー類

若い女性が気軽に利用していることを考えると、衣類や靴、アクセサリーなど衝動買いしてしまうよなものはメルカリ向きです。

参考書、教科書、教材

勉強し終わった参考書や教科書、買ったけれど使わなかった教材などはメルカリ出品向きです。

ただし価格的には期待できないので、ブックオフで売るよりはマシというぐらいで考えておくとよいでしょう。

CD DVD Blu-ray

ブックオフでは5円、10円という査定額にしかならなかったCD、DVD、Blu-rayもメルカリでは数百円では売れていっています。

手間が負担ではない方には向いていますよ。

まとめ

現在、メルカリの勢いにおされ、ヤフオク!もメルカリにあわせるように匿名配送が可能になったり、スマホでの出品は手数料を優遇したりといったことをしています。

ヤフオク!にメルカリの手軽さが備わればオークション形式の分、ヤフオク!出品だけでいいのですか、今のところメルカリの勢いは無視できない状況ですね。

最初のコメントをしよう

必須