鈴木祐著「最高の体調」メソッドで自身最高のパフォーマンスを引き出そう

鈴木祐著「最高の体調」が、中年男性の日頃の悩みを解決する最高の一冊でしたので、ご紹介します。

最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)
鈴木祐
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2018-07-13)
売り上げランキング: 78

最高の体調とは?

まず疑問を感じるのは、最高の体調とは何か?ということです。

最初のページをめくるとこのような記載があります。

あなたの日々の不満や不調を根こそぎ解決し、

あなたが生まれ持つ最大のパフォーマンスを

引き出すお手伝いをする

最高の体調とは肉体的なことだけでなく、精神的な面も含め、心身ともに最高の状態であること。

風邪、関節の痛み、うつ病、肥満、慢性疲労など一見無関係に思える現代人が抱える問題には共通項があり、それを掘り下げていけば解決方法がわかるということです。

そして共通項のキーワードは「文明病」であると鈴木祐は説きます。

著者鈴木祐はどうやって最高の体調にたどり着いたか?

「最高の体調」を読む前に、著者鈴木祐がいかにして最高の体調にたどりついたかということを知っておく必要があります。

鈴木祐はサイエンスライターであって医者ではありません。

しかし、膨大な科学論文を読み、大勢の海外の学者や専門医へのインタビューを重ねた結果、自分を最高の体調にする方法を見つけ出しました。

「最高の体調」のサブタイトルは「100の科学的メソッドと40の体験的スキルから編み出した」なのです。

誰か有名人がやってみたらうまくいったという健康法では、その有名人の体質や気質、環境ではできたものの、自分では再現できないといことにもなりかねません。

文明病がすべての原因?

680万年~700万年前に人類の基礎が形作られ、1~2万年前に石器時代から農耕生活に移動。

人間のカラダは600年にわたって狩猟採集生活を続けてきており、現代の発展についてこれていない。

狩猟採集生活の中で最高のパフォーマンスができるようになっているとのこと。

このギャップが文明病となり、様々な現代人の体調不良の原因になっているそうです。

確かに長命にはなっていますが、精神を病んでいる人は増えましたし、花粉症などの昔にはなかった病気で我々は悩まされています。

狩猟採集生活では考えられなかったようなカロリーを摂取、穀物は精製され、お酒も飲んでいます。

人口密度も高く、キレイ過ぎる環境の中で過ごし、多すぎる情報にさらされ、多様な価値観を押しつけられる日々。

その一方、運動も睡眠も不足気味、食物繊維やミネラル、タンパク質も不足。

また加工食品、果糖ぶどう糖液糖、人工照明、インターネット、構成物資など狩猟採集生活時代にはなかったものに私達のカラダはさらされています。

狩猟採集生活時代と比較して、多すぎること、少なすぎること、そもそもなかったことによって文明病は生まれ、私達のカラダを蝕んでいるとのことです。

非常に納得がいく話ですね。

アフリカには今でも狩猟採集生活をしている部族もいて、彼らと私達との比較からも私達が劣ってことは明確。

最高の体調になるためにすべきこと

一言で言えば、狩猟採集生活をすることということでしょうが、実際の生活の中でそれは無理です。

なので、「最高の体調」の中ではそんな現代、都会に生きる人たちのためにできることが具体的に書いてあります。

例えば、自然に触れること。

まわりに自然がないという人は観葉植物を置くだけでもいいし、なんならパソコンの待機画面を自然にすることからはじめるのもよいと書いてあります。

また歩くこと、運動することを推奨されていますので、私も積極的に心がけようと思いました。

また精神面を健康にするためにすべきことも具体的に書いてありますので、体調不良に日々悩まされている人は一度手にして読んでみることをオススメします。

最初のコメントをしよう

必須