40代からのアンチエイジング!もてオヤジへのはじめの一歩

40代からでもできる、間に合うアンチエイジングについて解説します。

女性にモテる40代のご同輩諸君はみな、若々しい。

体験として納得いただける方も多いことでしょう。

その若々しさはどこから生まれてくるのかまずは原因から探っていきます。

年齢よりも上に見える人 下に見える人

実年齢よりも上に見える人、下に見える人がいます。

若い頃は実年齢よりも下に見えるのは時に気分が悪かったりしますが、40代、50代ともなってくると若く見られた方が嬉しいですよね。

上に見られる人は同世代に比べて以下のような特徴があることでしょう。

 

ルックス

・髪の毛が少ない。

・姿勢が悪い。

・ファッションに若さがない。

・体型がだらしない。

・肌にハリがない。

 

行動

・覇気がない。

・スマホなど、最新の機器の扱いに不慣れ。

・昔話が多い。

あなたが女性として、こんな年上の男性に魅力を感じるでしょうか?

話をしてみたい、一緒に食事をしたいと思うでしょうか?

答えはNOですよね。

女性にモテるためだけでなく、商談などビジネスにも影響しているのです。

 

アンチエイジングでもてオヤジになろう!

身だしなみが清潔で若々しく、メタボではないスリムな体型。

言動に余裕があり、聞き上手、昔の自慢話ばかりをしないといったことがもてオヤジの条件。

どれもアンチエイジングでできそうなことですよね。

少しの努力と気遣いでアンチエイジングをしてもてオヤジを目指しましょう。

 

男のアンチエイジングと男性ホルモンが原因

男性のアンチエイジングのキーワードとなるのは男性ホルモン。

効果として「性欲の増進」「動脈硬化の防止」「内臓脂肪の増加を抑える」「精子の形成」「活力の昂揚」「筋肉を大きくする」「骨を太くする」「たくましい体のライン形成」などがあります。

男性ホルモンが増加することにより、脂肪が減って、筋肉質な体型になり、やる気が出てくるのです。

また精神面の影響も大きく、男性ホルモンが十分な人は、イライラも少なく、不眠の悩みもなし。

ネガティブな思考に陥ることもなく、不安症やうつの状態になるのも防いでくれるという役割もあります。

仕事にもプライベートにも、男らしい意欲、気力が湧いてきて、イキイキとした毎日を送ることができる手助けをしてくれるのです。

アンチエイジングは男性ホルモンの増加が大きく影響をしているのです。

 

キーワードはテスストロン

男性ホルモンの大部分を占めるのがテストステロンです。

テストステロンはアンドロゲンに属すステロイドホルモン。

人間の男性では睾丸で95%が分泌されます。

テストステロンが低下が老化に直接影響はないとされていますが、若々しく見られるには欠かせない物質なのです。

芸能人や政治家には血液中のテストステロンが高い人がたくさんいます。

テストステロンが高い人は正義感が強い傾向があり、社会に貢献しようとする意欲が高る。

要するにテストステロンは男を『英雄』にするホルモンなのです。

テストステロンと薄毛と性欲の関係

男性ホルモンが薄毛の原因のひとつ。

となると男性ホルモンのほとんどを占めるテストステロンを増やしたら頭がツルツルになってしまうという不安を持つ方もいるだろう。

しかしテストステロンには悪玉と善玉があり、薄毛にさせるのは悪玉のみ。

善玉のテストステロンを上手に増やせば、意欲が湧く、男らしい毎日になるというわけです。

 

男性ホルモン(テストステロン)を増やす方法

食事

タンパク質をしっかり摂取すること。

テストステロンを作る精巣は活性酸素による酸化が弱点。

その為、タマネギやニンニクなど抗酸化作用の強い食品を積極的に取りましょう。

特にタマネギはケルセチンという成分があり、ケルセチンはテストステロンの体外への排出を押さえてくれるため、テストステロンを増やし、減らさないためには必要な食材になります。

スイカや冬瓜などウリ類の成分のひとつシトルリンは一酸化窒素を生成、血管を拡張させる効果があり、テストステロンを高めてくれる効果あり。

カキなど、亜鉛が豊富な食品も積極的に食べるとよい食材になります。

 

睡眠

よく眠り、披露とストレスを解消させることで、テストステロン値は高くなります。

睡眠時間が短い人はテストステロン値が低いという研究結果もあります。

快適な睡眠を取るためには規則正しい生活と、寝る前にカラダの深部を温めるのが効果的。

シャワーで首の裏側を温めながら、両手で軽くマッサージ。

その後、両腕をまわす運動をすることで快適な睡眠への導入となります。

 

カラダを動かす

筋肉に刺激を与えることでテストステロン値が高くなることがわかっています。。

ランニング、自転車などの有酸素運動でも、マシンなどを使った筋トレどちらも効果的。

太るとテストステロン値は低くなるのでカラダを動かす習慣付が重要です。

しかし、カラダを動かすことでテストステロンも消費していくため、過度の運動、例えばフルマラソンなどをした後はテストステロンが減ってしまいますので、やり過ぎないように注意することも大切です。

 

デートする

ワクワク、ドキドキすることでテストステロン値はあがります。

ガールフレンドがいる方は積極的にデートをしてみましょう。

行ったことがない場所に行ってみる。

入ったことがないお店に入ってみるだけでもワクワクはドキドキはできますのでトライしてみましょう。

仕事を離れた友達、学生時代や趣味で知り合った人と会って話をすることでストレスが解消され、テストステロン値があがります。

ただし、深酒は逆にテストステロン値を下げてしまうのでほどほどに。

 

趣味を持つ

仕事と関係のない趣味を持つこともテストステロン値を高める効果があります。

気分転換にもよいし、自分の仕事とは関わりのない仕事をしている異業種との人との出会いは新たな刺激を与えてくれます。

ワクワクが多いほどテストステロン値が高まることがわかっているので、この際、気になっているバンド、アイドルがいればライブに行き、各ライブごとに開催されているファンの集まりにも顔を出してみるのもよいでしょう。

テストステロン値の計測方法

順天堂医院、帝京大学医学部附属病院、メンズヘルス外来を設置している病院に行けばテストステロン値を計測してもらことができる。

気になる方は計測してみるのもいいだろう。

自分で手軽でわかりやすいのは「朝立ち」。

そう、朝方に起きる機会的な勃起のことです。

十分なテストステロン量、十分な睡眠、ストレスが少ない、動脈硬化が進んでないといった条件が揃ってはじめて朝立ちは起きるのです。

朝立ちが週に1回でもある人は十分なテストステロンがあるといっていい。

逆に一週間に1回も朝立ちがないという人は、上記のテストステロン値をあげる方法を試してみるべきです。

それでも改善されない場合は泌尿器科の訪問をおすすめします。

 

中年オヤジの見た目アンチエイジング

オシャレする気持ちを忘れない

若く見える男性はオシャレする気持ちを忘れていません。

高いブランドの服で着飾ったりする必要はありません。

清潔感のある服装、昨日と違う服装を意識してみましょう。

会う人によっては前回会った時と違う服を着ようと考えることが重要です。

 

髪型に気を使う

ヘアスタイルは第一印象としてかなりの要素をしめています。

清潔に保ち、見た目が悪くならないように気をつける必要があります。

白髪の人は染めること。

薄毛の人は帽子をかぶることでかなり印象がかわりますよ。

 

スキンケアをする

スキンケアといえば女性がするもの、若者がするものという考えは捨てましょう。

化粧水などを使うだけで肌にハリが出てきて、見た目年齢がぐっと若返りますよ。

 

まとめ

40代、50代の男性のアンチエイジングについてご紹介してきました。

重要なのは男性ホルモン(テストステロン)の値をあげることです。

食事と運動を心がけるだけで思ったよりも気軽にアンチエイジングに取り組めそうですね。

見た目を意識するだけでも、テストステロン値はあがりますので、見た目も今以上に気をつけてみましょう。

最初のコメントをしよう

必須